ラミーにミツバチの家ができました

投稿者 :LamyJapan on

ハイデルベルクのラミー本社。工場と開発センターを繋ぐように位置しているガレリア(ギャラリー)の裏手にミツバチの巣箱が設置されました。

ラミーとミツバチにどういう関係が?とお思いでしょう。

ラミーのオフィスの屋上はガーデンになっており、社員の癒しの空間であると同時に環境にも配慮した建築構造になっています。ミツバチにとっても好ましい自然環境であることは間違いないのですが、実はヨーロッパではこのミツバチの数が減少傾向にあり深刻な問題になりつつあります。特にドイツでは、豚と牛に続いてミツバチが3番目に大切な家畜として認識されています。ということでラミーでも微力ながらミツバチの巣箱を設置したという訳です。

ミツバチ担当のヨルグさんが定期的にお世話をしてくれています。

ミツバチの豆知識🐝

-一匹のミツバチが4〜6週間の生涯で作り出す蜂蜜の量は小さじ2杯程度

-ミツバチは赤い色を認識せず、青や黄色の花を好みます

 

ラミーの環境や建築についてはこちらもご覧下さい。


この投稿をシェアする



新着順 →

Liquid error: Could not find asset snippets/joolen.liquid